子供 塾 定期券

共働きの親だからこそ
シングルマザーのワーキングママだからこそ
子供の塾や習い事にはたとえお金がきつくても通わせてあげたいものです。
でも、いくら塾代が高くてもかまわないが、せめて子供が塾や習い事に通うのにかかる交通費だけは節約したいものです。

しかし、子供が塾や習い事にお通うのに一番割引率の高い【通学定期券』は買えません。
そんな場合のたとえ子供であっても「通勤定期」になります。

果たして
子供が塾や習い事に通うのに通勤定期券がいいのか?回数券がいいのか?小児用スイカがいいのか?
キット塾や習い事に通わせる子供いる親御さんならきっと迷うはずです。

結論的には
塾や習い事に月に何回通うか?
で選ぶ選択肢(定期券・回数券・小児用スイカ)は変わってきます。

子供が塾に通うのに通学定期券はが購入できない


塾や習い事に通うために「通学定期券」は購入できるのでしょうか?
残念ながら塾や習い事に通うのに通学定期券は買えません。・

割引率の高い通学定期券は学校が発行する通学証明書が必要になります。
しかし、原則的に塾や習い事先ではこの通学証明書なるもの発行できません。
通学証明書はいわゆるが学校教育法で定められたが学校以外は発行できないからです。
※大学浪人生が通う予備校では可能jな場合が多い。

ですから、子供が塾や習い事に通う時に購入する定期券は「通学定期券」ではなく「通勤定期券」となります。
子供な「通勤」という表現は少し違和感がありますよね。
でも、「通勤定期券」という呼び名であっても「子供料金で買う定期券」なので誤解しないでください。
もちろん定期券ですから、その都度正規の切符の購入するよりも割引があります。

子供の塾や習い事の交通費節約でお得なのは定期券or回数券orスイカ?

子供が通う塾や習い事で
定期券
回数券
小児用スイカなどのICカード
のどれを選べばいいのでしょうか?

それはズバリ
週に何回?
月に何回?
子供が塾や習い事先に通うか?で選ばなければなりません。

定期券がお得になるのは月に14日以上塾に通う場合

まずは定期券の購入価格と毎回切符を購入する場合とで計算してみましょう。
普通は1か月の定期券だと14往復(28回)でほぼ同額になるでしょう。
ですから月の半分(週に4回)以上通うのであれば定期券がお得といえます。
ただ定期券でも
・1ヵ月定期券
・3ヵ月定期券
・6ヵ月定期券
では割引率も変わってくるのでそのあたりは各人で計算してみてください。

ただ、幼い子供ですから、あまりに長い「3か月定期券」「6か月定期券」だと紛失してしまうリスクも考えておきましょう。

回数券が無難かも?

回数券だと10回料金で11回乗車できます。

個人的にはこれが一番無駄がないような気がします。

万一幼い子供が紛失しても傷が浅いですからね。

特に進学を考えた塾や特殊な習い事で帰りが遅くなる場合は回数券がおすすめと私は考えています。
どうして回数券をおすすめするのかというと
カエルが遅くなる場合、親が迎えに行くことも多い
からです。

今の進学(中学受験など)に力を入れている進学塾ではかなり遅くまで勉強します。
そんな頑張っている子供を応援するために「帰りは親が塾まで迎えに行く」というスタイルをとっているご家庭も多いからです。
特に塾の飼える時間が雄くなる場合は安全面でも心配です。

ただ、小学校の高学年になってくると定期券のほうがお得なケースも関あげられます。
中学受験も迫ってくると、塾に通う回数や頻度が多くなってくるのが普通だからです。
また「夏期講習」「冬期講習」など集中的に通うケースも定期券の購入がお得になるかもしれません。

小児用スイカも便利だが・・・

子供用のICカード(小児用スイカやイコカ)もありとても便利です。
ポイントが貯まるサービスもあるようです。

ただ、この小児用スイカやイコカに幼い子供には少しリスクがあるように思います。
それは
・紛失tのリスク
・チャージの煩わしさ
です。

スイカやイコカなどのICカードは残高がわかりません。
またコンビニなどで買い物もできます。
子供がお腹が減ってコンビニでお菓子を買うかもわかりあm線。
そのため計算通りの残高になっていないこともあります。
万一、チャージ不足で改札でブロックされでもしたら・・・
幼い子供がそんな余裕あるお金を持っているのかどうか?
パニックにならないか?
そんな心配をしてしまう私です。

子供が塾に通うのが週に4回以上なら定期券


私なりの個人的意見ですが
子供が塾に通うのgは週に4回以上なら定期券、それ以外は回数券
という結論です。

ただ
・「夏期講習」「冬期講習」など集中的に通う頻度が増えたり
・13か月・6ヵ月定期券など割引率の高い定期券を買うy
などいろいろなパターンが考えられますのあくまでご参考程度にしてください。