「学校が終わったら寄り道何なんかせずにまっすぐに帰ってきなさい!」
「門限は5時半まで!それまでに必ず帰宅するのよ!」
そんなことを口を酸っぱくして言ってもまったく守ろうとしない小学生の子供

いくら叱っても帰宅の時間の約束を守らない子供にそどうやって約束を守らせればいいのでしょうか?

小学生の子供の帰りが遅い理由は?

小学生の子供の帰りが遅い理由

小学生の帰りが遅いのだなぜでしょうか?
それには小学生の子供は子供なりの理由もあります。
忘れ物をして学校に取りに帰った?
友達と時間を忘れて遊んでしまった?
居残り授業
そしてあってはならないうことですが
なにか事件や事故に巻き込まれた
いろいろありあります。

今日出された宿題を忘れたり、教科書やノートやプリント教室に忘れてくることはよくあることです。
それに気づいて学校に取りに帰る分だけ帰宅が遅くなってしまいます。

また小学生の子供であれば友達との遊びに熱中しすぎて時間を忘れてしまうこともあります。

教育指導に熱心な先生なら宿題を忘れた子供に居残り授業をすることもあります、

このあたりはまだ理解もできるのですが親が一番心配すべきなのは
子供がなにかの事故や事件い巻き込まれてしまう
ことかもしれません。

子供なんだから少しくらい帰りが遅くなって心配しすぎなさんな
そんなことをいうまわりの無責任な意見もありますが、今のこんな物騒だん時代に心配しない親なんていません。

帰宅時間を守らない小学生の子供に親が伝えること

帰宅時間を守らない小学生の子供に親が伝えること

帰宅時間の約束を守らない小学生の子供に親は子供になにを?どう?伝えればいいのでしょうか>
まだまだ幼い小学生ですからすべてをきちんと理解できるとは籠りませんが、根気強くなんdも言って聞かせましょう。

なぜ帰宅時間を守る必要があるかを説明する

私はたとえ小学生の子供に理解が難しくても
なぜ帰宅時間の約束を守る必要があるのか?
を何度でも根気強く説明があると考えています。

まだ小学生の幼い子供なら
5時までに家に帰ってくるのよ
と言い聞かせてもそれを守る意味をなかなか理解できないからです。
親から一方的に押し付けられているように感じている子供にとってはそれがわからないのです。

自分自身にも迫るかもしれない危険

最近では子供が事件や事故に巻きもまれるニュースがテレビで流れています。
あまり世の中の裏の顔まで子供には見せたくない気もしますが、あえてこんな事件が世の中にあることも理解させるようにすることも大切ではないでしょうか。
こんな事件が起こったのならば子供にもしっかりと説明してあげることも良いと私は考えています。

帰宅時間が遅いと親がどれだけ子供の心配をしているかを伝える

帰宅時間が遅いと親がどれだけ子供の心配をしているかを伝える

子供の帰宅時間が遅くなると親がどれほど心配するか?
それを子供にしっかりと理解させなければいけません。
もしも、小学生の子供の帰宅時間が遅くなってしまった時には子供にあなたの気持ちをストレートに伝えてみませんか
どこかで怪我をして帰れないのかと思っていた
誘拐されたのではないかと心配していた
時には感情が高ぶって、涙がこぼれてしまうかもlしれません。
しかし、それも子供にとっては大切なことです。
子供自身が帰宅時間が遅くなることでどれだけ親を悲しませることになってしまうのか?
そのたりを子供に認識させなければなりません。

友だちのせいにさせない

「◎◎ちゃんに誘われたから・・・」
「△△ちゃんはまだ大丈夫って言ってたから・・・」

「他の友だちは帰宅時間が遅くなっても叱られないのにどうして自分だけが叱られるのか?」
このあたりの矛盾を幼い子供にとっては理解できないかもしれません。

それぞれのご家庭にはそれぞれの事情や考え方があることをが子供にとっては難しいことかもしれません。
しかし、これを理解させることはとても重要です。

しっかりと叱る


まだ幼い子供に帰宅時間が遅くならないようにするにはやはり
「親が怖い」
ということを印象付けることは非常に重要ではないでしょうか?
いろいろなことを説明説得してもななかなか理解できないことも現実です。
最終的費は
「叱られるから」
というのも重要な小学生の子供に帰宅時間を守らせることには大切です。

自分が帰宅時間を守らなかったことによる不利益を体験させる

まだ幼い子供に自分の行動に責任を持たせることには少し酷な気もしますが、そこは心を鬼にしなければならないこともあります。
あえて、
食事を与えない。(数時間程度食事を遅らせて空腹を耐えさせる)
お小遣いを数日間与えない
など帰宅時間が遅くなったことで自分にも不利益が被ることも経験させることも有効かもしれません。

もちろん、このあたりはやりすぎは禁物です。
あえて逃げ道を作ってあげておいてあげてください。
お母さんが来尽き然れば父さんがフォローしてあげる。
叱られてお小遣いを減らされた子供におじいちゃんやおばあちゃんが内緒でお小遣いをあげる。
この粗利のさじ加減はうまく行ってください。

小学生の子供が帰宅時間の約束を守れるための3つの理解

小学生の子供に帰宅時間を守らせるために、子供とどう接すればいいのか?
このあたりはあなた自身の教育方針もあるかと思いますが、次の3点は押さえておいて欲しいところです。
①なんのために帰宅時間御約束を守る必要があるのか?
②帰宅時間の約束を守らないと子供自身にどんな不利益が起こるのか理解させる?
③子供が帰宅時間の約束を守らないとまわりの家族にどれだけ心配をかけるか?を理解させる。

将来、その子供自身が大人になった時に、誰かとの約束をしっかりと守る人間に練ってもらう意味でも、「まだ子供だから」と甘やかせずにしっかりと教えてあげましょう。
約束ということの意味
約束を守ることの大切さ
これは幼少期であってもしっかりと身につけさせておきたい大事なことです。

ただし、親自身も子供とした約束はできるだけ守っていくことも忘れないでください。

そうは言っても小学生の子供に帰宅時間を守らせるのは難しいのも現実

いくら約束の重要性がわかっていても時にはそれを守らないこともあるでしょう。
それもまた子供自身の成長には欠かせないことかもしれません。

友だちとの付き合いの中から他人との付き合い方も覚えます。
叱られることしでかして、そしてしっかりと叱られる
これは子供の成長期には欠かせないことでもあります。

いつまでも親離れできない子供にも育ってほしくはありません。
このさじ加減が非常に悩ましいところでもあります。

今は子供見守り用のGPSも安価で良いものが出ています。
このあたりの活用もぜひ考えてみてください。